HP ProLiant ML110 G4 静音化

HP ProLiant ML110 G4/G3は動作音がちょっと気になります。背面9cmFANのDELTA AFC0912DFが2000回転ほどで頑張っているのが原因です。

冬場は冷却に余裕がありますのでファンを交換して静音化してみました。市販の9cmFANなら交換できます。私は手持ちの鎌風の風90 KKF90-01を利用しました。

鎌風の風90はファンコンが付属しますので任意の回転数に調節できます。最小の1,100回転にするとかなり動作音は改善されて静かに感じます。最大2,500回転時にはDELTA FANと変わらないくらいの風量がありますが動作音もそれなりに大きくなります。

3ピンコネクタの鎌風の風90はG4の4ピンコネクタには挿すことができません。3ピンコネクタの突起を削るか4ピンコネクタにケーブルを付け替える必要があります。作業は簡単ですので心配はいりません。

FAN回転数を落とせば静かになりますが風量も当然減るので内部に熱がこもりやすくなります。夏場は回転数を上げた方がいいと思います。下げたままだと今度はCPU FANが頑張りますし。

HP ProLiant ML110 G4 BIOS

G4/G3ともBIOSで温度・FAN回転数をチェックできますのでお好みの設定を見つけてください。ソフトウェアで温度取得できるものはおそらくないと思います。

HP ProLiant ML110 G4 鎌風の風90

Lights-Out 100c リモートマネージメントカード用の開口部にファンコンを取り付ければスロットを消費せずに済みます。G3は穴がないので素直に後部スロットに取り付けましょう。

鎌風の風90はモデルチェンジされて鎌風2の風92となっています。1,000円前後ですので比較的手を出しやすいかと思います。

この記事へのコメント