Core 2 Duo E6600 vs Celeron D 352 ワットチェッカー計測

Core 2 Duo E6600とCeleron D D0ステッピングのワットチェッカー消費電力比較です。PCはHP ProLiant ML110 G4です。

Core 2 Duo E6600 vs Pentium 4 641 D0 ワットチェッカー
特に感想ありません。まぁこんなものかと。Celeron D 352はSuperPI104万桁44秒とPentium 4 521(46秒)よりも速いです。SuperPIの数値だけでPC全体の快適さが決まるわけではありませんが、ネットやオフィス用途なら十分な性能になっていると思います。

・ALUやFPUという項目はCrystalMark 2004R2の項目を指しています。
・単位はワットです。
・EIST ON/OFFはアイドル時の消費電力です。
・ベンチマーク動作時はEIST OFFで計測しています。
・Celeron D 352はEIST設定できませんのでEIST ON項目は計測不可

・パーツ構成:
PC:HP ProLiant ML110 G4
CPU:Intel Core 2 Duo E6600 or Intel Celeron D 352 D0 Stepping
メモリ:DDR2-667 512MB 4枚
HDD:SATA HDD 7200回転 1台
VGA:オンボードVGA Matrox G200e(SVGA 800x600 24bit表示)
SOUND:なし
光学ドライブ:1台
FAN:メーカー出荷時のまま変更なし
#CPU以外のパーツ・ソフトウェア構成はすべて同じものです。

この記事へのコメント

  • N.Y.(管理人)

    はい、そのとおりです。他にもHDDが1台多かったりサウンドカードを挿していたりしますので消費電力が多くなっています。
    2007年05月01日 18:51
  • 京ポン

    参考になりました
    4/25のデータが全体的に高めなのは、
    VGA:XFX PV-T73G-UGD7 (NVIDIA GF7600GT OC版)
    がついているからでしょうか?
    2007年05月01日 06:21