Core系CPU利用時はマザーボードのBIOSアップデートを!

不具合を修正したマイクロコードアップデートを含んだBIOSが各社から出ましたが、マイクロソフトから各OSに対応するパッチが出ました。
この更新プログラムは、信頼性に関するものです。 このマイクロコードの更新プログラムをインストールすると、Intel プロセッサを使用しているシステムの信頼性が向上します。

対応OS
・Windows XP Service Pack 2
・Windows Vista x86
・Windows Vista x64
・Windows Server 2003 x86
・Windows Server 2003 x64

ダウンロード先
Microsoft ダウンロード センター


デュアルコアXEONだけでなくCore 2 Duoも対象になっていました。
・特定のインテルプロセッサを搭載するデスクトップ製品のシステムBIOSをアップデートしてください(改版)
・特定のインテルプロセッサを搭載するProLiantサーバのシステムROMをアップデートしてください
 ※リンク切れのためリンク削除

現象
・システムハングアップ(キーボードやマウスに反応しない)
・Microsoft Windows環境でブルースクリーンが発生する
・Linux環境でカーネル パニックが発生する
・Novell NetWare環境でABENDが発生する


-この問題の発生は極めてまれ-

だそうですが、念のため。

HP ProLiant ML110 G4 新BIOS
DELL PowerEdge SC440 新BIOS 1.3.0
NEC Express5800/110Gd 新BIOS 1.0.0022

この記事へのコメント