BIOS 1.4.1でCeleron 420が動作クロック可変動作

PowerEdge SC440&Celeron420 CPU-Z

PowerEdge SC440&Celeron420 CPU-Z
先日公開されたPowerEdge SC440用BIOS 1.4.1でCeleron 420に正式対応しました。BIOS 1.3.0では動作しなかったCeleron 420がクロック可変で動作しました。Celeron 420は変動幅は1.60GHz~1.20GHzとなっています。

OSの設定やCPU-Zでは変動したのですが、CrystalCPUIDを使っての動作クロック制御はなぜかできませんでした。ワットチェッカーでの消費電力はNEC Express5800/110GdのCeleron 420 ワットチェッカー 計測とほぼ同じ結果でした。

この記事へのコメント