DELL PowerEdge T100 ワットチェッカー計測

DELL PowerEdge T100のワットチェッカー計測です。オンボードビデオのATI RN50/ES1000利用時と以前改造したRH3450-E512HW/HS(RADEON HD3450PRO)をPCI Express x4スロットに増設した時の両方の消費電力をチェックしてみました。

PowerEdge T100 ワットチェッカー
ビデオに負担がかかるGDI,D2DとOGLの項目を除くとオンボードビデオとRH3450-E512HW/HSの差は最大で8Wとなっています。負担がかかる場面でも最大12W差です。この程度の差なら純粋にサーバとして利用する場合以外はビデオカードを増設する方がいいでしょう。

サウンドカードを増設するとPCとして利用できる訳ですが、消費電力は100Wを超えないエコなマシンとして十分活躍できるかと思います。

動作環境
  • PC:DELL PowerEdge T100 BIOS 1.0.0
  • CPU:Pentium Dual-Core E2180 2.00GHz
  • メモリ:DDR2-800 1GB ECC 2枚
  • HDD:SATA HDD 7200回転 1台(WD1601ABYS)
  • VGA:オンボード ATI RN50/ES1000
  • VGA:ATI RH3450-E512HW/HS(RADEON HD3450PRO)
  •  ※(SXGA 1280x1024 32bit表示)
  • カードケージ用冷却ファン 動作
  • SOUND:なし
  • 光学ドライブ:1台
  • OS:Windows XP Professional SP3
※SASカードは抜いていますがカードケージ用冷却ファンはつけたままで動作しています

ソフトウェア
  • CrystalMark 2004R3 [0.9.126.451]

この記事へのコメント