富士通 PRIMERGY MX130 S1 レビュー 外見5

富士通 PRIMERGY MX130 S1
電源ファンはNidec UltraFlo T80T12MUA7-5 0.19A搭載です。格子は排気に干渉しづらい細めの網形状です。風切り音を少なくするよう格子にふくらみがついています。



富士通 PRIMERGY MX130 S1
バックパネルは一体型です。幅も一般的なモデルよりも狭いため、マザーボード交換は無理ですね。もっともそういった用途のハードウェアではありませんね。


長所はDVI出力がついているところです。にじみの少ないデジタル接続できるのはうれしいものです。従来からのアナログRGBでも接続できるようDVI→D-Sub変換コネクタもついていてLCDやCRTにも接続できます。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
黄緑のプラスチックが拡張スロット押さえの軸です。回転するので丸い形になっています。


その奥の輪形状のものはセキュリティロック用のワイヤーやロックを取り付けるためのものです。トップパネルとくっついているため、ここにロックをつけると内部にアクセスできず、盗難防止になります。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
一番左のスロット間隔が広いのは前にも書きましたね。


USBポートは左列2つと右列4つの形状が違うように見えます。USBデータスティックを挿してみましたが、使い心地に差は感じませんでした。差は見た目だけのようです。

数も6つあれば不足することはまずないでしょう。

この記事へのコメント

  • SC420 Maniacs

    なるほどそういうことですか。
    それにしても珍しいことですよね。
    2011年03月10日 14:35
  • もののけ

    スロット間が微妙に変わっているのは、マザーボードなどの換装やボードのみの転売を防ぐためなのかもしれませんね…
    2011年03月10日 14:05