富士通 PRIMERGY MX130 S1 レビュー 外見1

富士通 PRIMERGY MX130 S1
おそくなりまして申し訳ございません。ようやく本体写真の紹介になります。

こちらは横置状態の本体正面になります。
左上からDVD-ROMドライブ、
その下が3.5インチ外部ベイ(空き)、
FUJITSUロゴ。

中央上から
VISIONシール
USB2.0ポート2つ
PRIMERGY MX130 S1ロゴ

内部にフロントファンのある場所に六角形の多数の穴が開いています。
一番右に円柱マークの下にHDD LEDがあり黄緑色に点灯します。
その下に電源スイッチがあります。

右上の青いものはEnergy Starシールです。
右奥は通風用の穴が開いています。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
背面には横置き用ゴム脚が4カ所ついています。右上のふくらみは拡張スロット部になります。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
縦置き用の脚が2つ付属します。本体と接触する面にはゴムがついていてしっかり固定することができます。振動を抑える働きも期待してのものでしょう。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
脚は幅広で本体をしっかりと挟み込むため、手で押してみてもぐらつきは特に感じません。本体はスリムタイプのため、設置の上で安定性に疑問を持っていましたが、心配はないように思います。

ただし、脚の分だけ幅が増えて設置面積が増えるため、省スペースとは言い切れないように感じます。脚を含めた幅は18cmほどになります。

この記事へのコメント