富士通 PRIMERGY MX130 S1 内部写真1

富士通 PRIMERGY MX130 S1
5.25インチベイに分解・組立方法のステッカーが貼ってあります。マニュアルを探さなくていいのは便利です。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
SATAケーブルの処理が惜しい感じです。もう少しまとめてあるといいのですが、跳ね上げるので難しいのかもしれません。スリムタイプながらも内部スペースは意外と余裕があるように思います。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
5.25インチベイを跳ね上げてメモリ周りを撮影しました。省スペースモデルながらもメモリは4スロット用意されているのがいいですね。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
スロット周り。1番右と2番目のスロットの間隔が不等になっているのはライザーカードを使うモデルと筐体が共通なのかもしれません(全然違うかも)。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
電源とHDDのスキマは指が入る程度あります。ちなみにHDDはもう1台増設できます。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
電源コネクタ周り。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
DVDドライブはSATA接続です。といいますか今時IDE/PATA接続なんてもうありませんね。


富士通 PRIMERGY MX130 S1
解体した時に配線方法が分からなくなった時のための写真1


富士通 PRIMERGY MX130 S1
解体した時に配線方法が分からなくなった時のための写真2


富士通 PRIMERGY MX130 S1
電源は跳ね上げると・・・


富士通 PRIMERGY MX130 S1
そのまま上方へ外せます。


まとめ
  • 省スペースモデルながらも内部へのアクセスは良好です
  • 分解組立も簡単です

この記事へのコメント