HP ENVY15-3000 レビュー PART.1

HP ENVY15-3000 全体写真
HP ENVY15-3000をレビューします。当モデルは15インチフルHD(1,920x1,080)液晶ディスプレイ、インテル Core i7プロセッサー、インテル 300GB SSD、スイッチャブル・グラフィックス機能(インテル HDグラフィックスとAMD Radeon HD7690M)を搭載したフルスペックといってよい高性能ノートパソコンです。

目次

PART.1(当記事)
PART.2(次記事)
PART.3(次々記事)


スペック

HP ENVY15-3001TX スペック概要
液晶ディスプレイ15.6インチワイド フルHD ハードコートクリスタルビュー・ディスプレイ、液晶解像度1,920x1,080、表示色最大1,677万色、IPSパネル(?)
OSWindows 7 Home Premium 64bit Service Pack 1(SP1)適用済み
プロセッサーインテル Core i7-2670QM プロセッサー (2.20GHz/TB時最大3.10GHz、6MB L3キャッシュ)
チップセットモバイル インテル HM65 Express チップセット
メモリ8GB(4096MB×2) 最大8GB、PC3-10600 DDR3-1333、空きスロット 0
ストレージ300GB SSD (SATA)
光学ドライブDVD スーパーマルチドライブ(スロットイン)
Webカメラ HP TrueVision HD Webcam(約92万画素)
有線LAN内蔵ギガビットLAN(10/100/1000)
無線LAN内蔵無線LAN、IEEE802.11 a/b/g/n、オン/オフ 機能付き
BluetoothBluetooth3.0
グラフィックス
インテル HD グラフィックス 3000 (プロセッサー内蔵)
AMD Radeon HD 7690M (1GB GDDR5 メモリ)
メディアカードスロット2in1メディアスロット
サイズ幅380 x 奥行244 × 高さ28.3(最薄部)ー30(最厚部) mm
重量約2.68kg (6セル標準バッテリ装着時)
バッテリ駆動時間約8時間


ハードウェア

HP ENVY15-3000 天板HP ENVY15-3000 底面HP ENVY15-3000 A4用紙 サイズ比較
(写真左)アルミニウムとマグネシウムの合金素材からなる天板はブラックでツヤがあります。写真左下hpロゴは電源ON時に点灯します(別途記載)、形状は天面底面ともフラットで角は丸みを帯びています。

(写真中央)底面はねじ穴が見えずすっきりとしたデザインです。本体中央付近から吸気され背面のスリット(写真上側)から排気されます。

(写真右)本体サイズは幅38cm x 奥行24.4cmでA4サイズよりも幅が8cmほど奥行は4cmほど大きめです。


HP ENVY15-3000 前面 背面HP ENVY15-3000 左右側面
(写真左)前面はステレオスピーカー、背面は排気スリットのみとシンプルです。左右ヒンジ間すべてにスリットが入っていますが実際に排気されるのは中央5cmほどと左側4cmほどです。

(写真右)ポート類は側面に集中してレイアウトされてにぎやかになっています。右側面はストレージLED、電源LED、2in1メディアスロット、セキュリティロックケーブル用スロット、USB2.0ポート、DisplayPort、HDMIポート、アナログ・ボリュームコントローラー、ネットワークポート(RJ45)、電源コネクターとなります。

DisplayPortは日本ではあまり普及しているとはいえませんが、外部ディスプレイと接続する場合HDMIポート経由ですと解像度はフルHD(1,920x1,080)かWUXGA(1,920x1200)までとなってしまうところをWQXGA(2,560×1,600)まで対応できます。クリエイティブ作業に重点を置いた当モデルの性質を考えると外部高解像度液晶ディスプレイを接続して使用するシチュエーションも少なくないと思われますのでDisplayPortがついていることは評価できることでしょう。DisplayPortとHDMIポートを同時に利用して外部ディスプレイ2台に表示することも可能です(その場合本体の液晶ディスプレイには表示できません。合計最大2画面表示まで)。

左側面は左からスロットイン方式のDVDスーパーマルチドライブ、Powered USB3.0ポート、USB3.0ポート、マイク入力とヘッドフォン・ライン出力が2つあります。

スロットイン方式のDVDスーパーマルチドライブはホコリが入らないようにフェルト生地(?)のシャッターがついています。また、USBポートは2つ並んでいるので外付けHDDのようにUSBポートを2つ使用する機器も利用しやすいです。


HP ENVY15-3000 キーボードHP ENVY15-3000 キーボード
キーボードはアイソレーションタイプの英語キーボードのみとなり日本語キーボードは用意されていません。キートップは平面で反りや角度のついていない平面タイプで、Enterキーの右側一列に「pg up」「 pg down」といったキーがあります。キートップは幅15ミリ、間隔は19ミリでストロークは2mm弱です。スペースキーは100.1mmと英語キーボードらしく大きめですが上下カーソルキーは小さめです。普段日本語キーボードを使い慣れている私にはEnterキーを押したつもりが一つ上のバックスラッシュキーを間違えて打つことが頻発してイライラしましたが意識すれば誤入力することがなくなりました。ただし「:」「\」など記号キーの配列は日本語キーボードと異なるため改めて覚える必要があります。
電源ボタンはescキーの上にありますが入力中に間違えて押すことはなかったです。

バックライトは明暗を3段階で切り替えることができます。センサーにより自動ON/OFFすることも可能です。バックライト ONでキーボード奥側から手前方向へと点灯し、OFF時にも同様に消灯します。

キーボード右側にあるダイヤルはアナログ・ボリュームコントローラーでサウンドの音量調整を行えます。シンプルなキーボード面にダイヤル中央の赤いbマークがいいアクセントになっています。ダイヤルはボタン機能も兼ねていてクリックするとbeatsaudioの設定画面が起動します。ダイヤルとは別のボタンもついていてスピーカーのミュートとその解除ができ脇のLEDで状態を確認できます。

音量を大きくする場合にダイヤルを手前に回すか奥へ回すかという設定ができるのは気が利いています。ダイヤルの回転トルクは軽すぎず重すぎずほどよい加減で音量調整できます。fnキーなどと組み合わせて他のソフトウェアでもダイヤルに機能を割り当てられるとよかったと思いました。

ステレオスピーカーがキーボードと液晶ディスプレイ間にレイアウトされていて他に本体手前側左右にステレオスピーカーと底面カバー内にサブウーハーが2つついていて音に関してはノートーパソコンとして頑張っている方です。音質はシャカシャカせず最大音量でも音割れせず全体として満足できるものでした。ヘッドフォン端子でも聞いてみましたがノイズは気になりませんでした。

パームレストにロゴシールが一切なくすっきりとしたデザインで好感が持てます。


HP ENVY15-3000 タッチパッドHP ENVY15-3000 液晶ディスプレイ
(写真左)タッチパッドはボタン一体型の一枚板タイプで複数指入力のタッチジェスチャーに対応しています。サイズは幅約110ミリ、縦約68ミリ、ラインより下が19ミリほどで大きさは十分でしょう。表面はサラサラした感じでボタンクリックは固めです。難点はボタン部も指が触れるとセンサーが反応してポインターが思わぬ動きをしてしまいます。これは一枚板形状のタッチパッドを持つHP Follio13-1000も同様の現象が起きました。ボタン部のタッチセンサーを無効にできれば回避できるのですが設定がないようです。本体重量を考えると持ち運びの頻度はそれほど多くないと思われますのでマウスを接続して使った方がいいでしょう。
ドライバはシナプティクス製でジェスチャーやセンサー感度の調整、マウス接続時のタッチパッド無効といった設定を行うことができます。左上のロマークをタップすればパッドの有効無効を切り替えLEDでその状態を確認できます。

(写真右)液晶ディスプレイの厚みは5ミリ~9ミリと薄いですが金属製ボディのためヤワな印象はありません。ヒンジは後ろに倒れてディスプレイの高さがあがりにくいタイプです。
ハードコートクリスタルビュー・ディスプレイ採用により液晶パネルと枠がフラットで段差にホコリがたまりません。表面の材質はガラスではなくアクリル(?)でホコリが多少つきます。


HP ENVY15-3000 冷却ファン 内部写真HP ENVY15-3000 ストレージ写真
(写真左)スライド式のロックを外せばパームレスト側(下側)のカバーが外せます。残り上半分のカバーは精密ネジで止められていました。バッテリはネジ止めの上、シールで封印されていてユーザーできないのは残念です(スペアバッテリの販売もなし)。メモリはエルピーダ純正 4GBが2枚搭載されていました。メモリの左右に冷却ファンが、その右にはスロットインの光学ドライブが見えています。

(写真右)ストレージはSATA接続のインテルSSD300GBが搭載されています。SSDとしてここまで大容量ものがノートパソコンに搭載されていることは非常に珍しいですね。


HP ENVY15-3000 beatsaudioロゴHP ENVY15-3000 ウェブカメラ&マイクHP ENVY15-3000 ENVY15ロゴ
液晶ディスプレイ左上にはbeats audioのロゴ、中央部は約92万画素ウェブカメラと内蔵マイク、右上にはENVY15ロゴがあります。


HP ENVY15-3000 ACアダプター重量HP ENVY15-3000 ACアダプターサイズHP ENVY15-3000 ACアダプター厚み
ACアダプターは大容量120WでプラグからACアダプター本体まではデスクトップPCで使われるような3ピンケーブルです。持ち運びする機会は少ないと思いますが、このケーブルはかさばりますし曲がりづらいので改善してもらいたいものです。今回、ウォールマウントコネクタは付属しておらず、メーカーページの付属品一覧を見ても記載されておらず付属しないようです。

ACアダプター本体はCDケースと比較すると長辺がCDケースより5mmほど大きく,厚さはCDケース2枚よりも5mm程度大きめでしたが120WのACアダプターとしては比較的スリムな方ですね。

ACアダプター表記
電源型番:ADP-120MH B DCWP CM-2
入力:100-240V~2.2A
出力:19.4V 5.15A WIDE RANGE INPUT 120W


HP ENVY15-3000 ケーブル全差しHP ENVY15-3000 近接センサー
(写真左)本体にケーブルを全差ししてみました。HDMIケーブルとDisplayPort用ケーブルは用意できませんでしたのでUSBメモリを置いています(LANケーブルから手前に2つ分)。カードリーダーはSDカードを差し込み軽く押し込んだ状態です。さらに押し込めばカードを読み取りできる状態になります。その場合は本体からカードが1mm程度はみ出ますがでっぱる量は少ない方でしょう。そういえば、セキュリティロックケーブル穴のことを忘れていました。場所としてはSDカードとUSBメモリの間になります。

(写真右)液晶ディスプレイ左側に近接センサーがついていて人の存在を検知しキーボードバックライトを自動的にON/OFFしてくれます。センサーは赤色で点灯しますがチラツキが少々気になりました(センサーOFFで消灯します)。


HP ENVY15-3000 化粧ケースHP ENVY15-3000 スリーブケース
本体梱包箱の内側のダンボールは化粧箱になっていて、ACアダプターはポーチに入っていました。本体を入れるスリーブケースも付属していてちょっとリッチな印象を与えてくれます。


HP ENVY15-3000 ENVY15ロゴ
HP ENVY15-3000は定価14万円弱と最近のノートパソコンでは比較的高価ですが、質の高い外見と高解像度広視野角で発色の良い液晶ディスプレイについて高い評価を与えることができます。


HP Directplus オンラインストア
  • 質感のよい外見とこだわりのサウンド
  • フルHD対応広視野角液晶ディスプレイ搭載
  • 使い勝手の良いアナログ・ボリュームコントローラー
  • 大容量300GB SSD搭載

この記事へのコメント