レノボ ThinkServer TS130 冷却良好

12072601.png
連日30度越え、最高気温37.5度のところがあったりと非常に暑くなってまいりました。メインで使っているレノボ ThinkServer TS130も冬場に比べるとほんの少しですがファン回転数が上がったように思いますがそれでも十分静かで満足です。

画像はHardware Monitorのスクリーンショットです。画面上部Value,Min,Max欄がそれぞれ現在の温度、起動時からの最小温度、起動時からの最大温度を示しています。

TS130は動作音が静かなため、内部の温度はひょっとしたら高いのかと多少心配していましたがSuperPIx4やOCCTで負荷をかけた時の温度(Max欄)を見てもらうと分かるようにプロセッサー(Intel Pentium G850)は59度、グラフィックス(AMD Radeon HD6670)は73度と標準的な温度に収まっていると思います(室温33度)。

HDDは2台搭載しています。45度位を予想していましたが40度と意外に低く感じました。前面ファンからの送風によって効果的に冷却されているようです。

WD10EALS-00Z8A0(WD Caviar Blue 1TB 7,200rpm)
WD20EADS-00R6B0(WD Caviar Green 2TB 5,400rpm?)


メモリはレノボ(Micron純正) PC3-10660 2GB 4枚を搭載していて温度も表示できていますね。残念ながらSSD・マザーボードの温度やファン回転数は表示できていませんね。

この記事へのコメント